ハンドルを3T Aeronova Teamに交換

f:id:bigtree1984jp:20190722074441j:image

ハンドル、3T Aeronova Team、Bike24で180ユーロぐらい。

ステム、ARX II、wiggleで4,500円ぐらい。

(いま巷に出回っているモノとデザインが違いますね?新モデル?旧モデル?ニセモノではないですよね、、、。)

 

重さ比較です。

f:id:bigtree1984jp:20190722074927j:image

f:id:bigtree1984jp:20190722074949j:image

323gから234gになりました。

(▲99g)

 

f:id:bigtree1984jp:20190722075206j:image

f:id:bigtree1984jp:20190722075235j:image

151gから131gです。

(▲20g)

 

合計で119gの軽量化です。

軽量化を狙ったわけではないのですが、嬉しい恩恵です。

AeronovaもPRO(アルミ)にしなかったのも、ただカーボンに統一したかったからです。

 

f:id:bigtree1984jp:20190722075702j:image

バーテープも、合わせて3Tにします。

正直、白以外にこだわりはありません。

エンドプラグはSRAMのリフレクター付きのものに戻すつもりです。

ebayでカエルのデザインも今でも売られているのを確認したので、それにします。

 

f:id:bigtree1984jp:20190722080050j:image

f:id:bigtree1984jp:20190722080109j:image

f:id:bigtree1984jp:20190722080136j:image

ケーブル内装ハンドルだったんですが、今回は諸事情の為、外装にしてビニールテープを巻いています。

 

ショップにお願いしようと、何軒かに電話したのですが、3Tお断りだったり、自転車預け入れから回収までの時間的制約が厳しかったり、あと、フレームのケーブル内装を一からやり直すので工賃が高い(他店購入品はもっと高い)。

 

自分でやるにも、ルート確保用にチューブを手配しないといけませんし手順も複雑、変速の調整もやり直しです。

 

8月前半に淡路島サイクリングを予定しているので、コストもリスクも抑えるために、自分で交換&外装ケーブルです。

 

レックマウントのお話は別の機会に。

 

 

Garmin Edge 130とvivomove HRの同梱品

f:id:bigtree1984jp:20190719193658j:image

 

十三峠を登るようになって、ちゃんと自分のライドのことが知りたくなりました。

 

サイコンに多くの機能は求めてなかったので、Edge 130にしました。

それでも、スピード&ケイデンスセンサーセットで29,000円ぐらい。

なかなかお高いですね。

 

後は、どうしても心拍数を計りたかったので、心拍計付きのスマートウォッチを探しました。

ライディング時も普段も自然につけられるデザインがよかったので、vivomove HRの敢えて機械式の針というポイントがグッときました。

お値段も22,000円ぐらいで、この手の商品の中ではリーズナブルな方だと思います。

 

f:id:bigtree1984jp:20190719194703j:image

Edge 130の同梱品です。

  • サイコン本体
  • ストラップ
  • ステッカー3種類
  • ケイデンスセンサー
  • ケイデンスセンサー用のゴムバンド3種類
  • スピードセンサー
  • マイクロUSBの充電用ケーブル
  • マウント用のプラスチックの台座2個
  • 台座と自転車の間に挟むゴムのスペーサー2個
  • 小さいゴムバンド4個
  • 大きいゴムバンド4個

 

f:id:bigtree1984jp:20190719195146j:image

vivomoveの方です。

  • 時計本体
  • 充電用ケーブル(USBー専用端子)
  • ステッカー3種類

 

とりあえず適当に使ってみようと思います。

 

どちらも念のためガラスのシートを貼っておきます。

giro ZERO II ショートフィンガーグローブ

f:id:bigtree1984jp:20190707232817j:image

小物の統一感って難しいですよね。

 

ショートフィンガーグローブがヘタってきたので、新しいのを探していましたが、メルカリでお買い得でした。

 

定価は5,000円ぐらいだったと思いますが、300円のクーポンがあって、1,900円で購入することが出来ました。

 

Cinelliのジャージとブランド的にも色的にもベストマッチじゃないでしょうか。

ロードバイクを購入したら一緒に買いたいアクセサリ

備忘録的ですが、ロードバイクを買う時に一緒に購入を考えたいものをリストアップします。

 

自転車本体とアクセサリ類、予算管理が肝心ですね。

 

自転車に装着するもの

  1. 前後ライト (前後で4,000円)
  2. ペダル(ビンディングペダル、10,000円)
  3. サイクルコンピュータ(10,000円)
  4. ボトルゲージ(2つで3,000円)
  5. ボトル(1,500円)
  6. ボトル型ツールケース(1,000円)
  7. ツールケースの中身(以下参照)

 

身につけるもの

  1. ヘルメット(6,000円)
  2. ジャージ上(4,000円)
  3. ジャージ下(3,000円)
  4. グローブ(2,000円)
  5. ビンディングシューズ(10,000円)
  6. サングラス(15,000円)
  7. 自転車用リュック(8,000円)
  8. その他季節モノ

 

メンテナンス関係

  1. 自転車スタンド(1,500円)
  2. フロアポンプ(1,500円)
  3. 各種アーレンキーやトルクレンチ(それぞれ揃えると6,000円)
  4. タイヤレバー(家用と持ち運び用で1,000円)
  5. マルチツール(持ち運び用2,000円)
  6. 携帯用ポンプ(CO2インフレーターたボンベで2,000)
  7. 予備のチューブ(2本で1,000円)

 

上記を全部揃えると8万円ぐらいですかね。

少しづつ揃えるにしても、しばらく金欠になりそうですね。

注意、注意。

ブレーキシューの見分け方

f:id:bigtree1984jp:20190608233402j:image

十三峠に行くようになって、長い下りを走るようになったので、改めてリムとブレーキシューの組み合わせが気になりました。

 

f:id:bigtree1984jp:20190608233849j:image

手元にはSRAM by swissstopというロゴのシューが3種類とReynolsのものがありました。

 

ちゃんとホイールに合わせて、同梱のReynolsを使うべきですよね。

 

SWISS STOP - FEATURE

SRAM by swissstopも同じ見分け方で良いのかな。

 

Chrome MXD PASEを購入

f:id:bigtree1984jp:20190608214706j:image

いつか買おうと思っていたChrome MXD PASEがAmazonの15%引きクーポン適用対象だったので、思い切って買っちゃいました。

 

細かなポイントなど、お伝えします。

 

f:id:bigtree1984jp:20190608214934j:image

肩のストラップは、下から出てくるフックに引っ掛ける仕組みです。

外れないか少し心配ですが、常にテンションがかかっているので、大丈夫なんでしょうね。

 

f:id:bigtree1984jp:20190608215125j:image

メイン収納の背中側です。

二層の仕切りが付いています。

 

f:id:bigtree1984jp:20190608215250j:image

反対側はチャックの仕切りです。

 

f:id:bigtree1984jp:20190608215333j:image

サブ収納は特に何もないです。

 

f:id:bigtree1984jp:20190608215414j:image

左ポケットは、メッシュの仕切りとリング付きの紐が付いてます。

 

f:id:bigtree1984jp:20190608215546j:image

反対側の右ポケットも仕切りが付いてます。

なんかふかふかした布です。

 

f:id:bigtree1984jp:20190608215708j:image

サブ収納にA4のクリアファイルを入れてみましたが、ちゃんと治りました。

f:id:bigtree1984jp:20190608215759j:image

でもPCは入りませんでした。

f:id:bigtree1984jp:20190608215849j:image

まぁ、メインの収納に入れれるので問題ないです。

 

全体的にしっかりした作りのようです。

 

以上です。

 

 

 

 

 

ドロッパーシートポストを装着

GIANT TRANCE3のメンテナンスの最終仕上げにドロッパーシートポストを装着します。

あと、CHROMAGのグリップも。

f:id:bigtree1984jp:20190511233355j:image

 

Brand-X Ascend II ドロッパーシートポストが12,000円でした。

30.9mmです。

あとシートクランプも変えてみます。

Hope ドロッパーシートクランプが3,500円です。

こっちは34.9mm。 

グリップは3,800円。

 

変える前。

f:id:bigtree1984jp:20190511233857j:image

 

変えた後。

f:id:bigtree1984jp:20190511233922j:image

 

f:id:bigtree1984jp:20190511233947j:image

コントロールは、本当は左なんですが、ブレーキ、シフター、フロントフォークのロックアウトが付いているので右につけています。

 

f:id:bigtree1984jp:20190511234345j:image

シートクランプのケーブルガイドは動かせるようでした。